教育というのは、年齢を問わず、学びに対して授けてもらうことを言いますから、高校や大学ということもあれば、塾や専門学校などという、何歳でも誰でも無条件に学べるところもありま

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

どのようなシステムで学べる教育が良いか

教育というのは、年齢を問わず、学びに対して授けてもらうことを言いますから、高校や大学ということもあれば、塾や専門学校などという、何歳でも誰でも無条件に学べるところもあります。そのシステムは様々ですから、職場帰りに学ぶ人たちは、ネット学習も並行して学べたり、夜遅くまで授業をしているところで学べたりするところを選択します。高校や大学の神学のためには、個人指導や集団指導のどちらが良いのかも子に応じて選択することで伸びることでしょう。

塾や専門学校に限らず、最近は子に応じた教育を大切にし、人を育てるためのシステムを構築し、集団学習の中にも子に応じる配慮をしている高等学校もあります。学力を高めるばかりが教育ではなく、世の中に出た時に役立つ資質を育てることを教育とする考え方が根底にありますから、カウンセラーの資格を持つ教師が在中しているところもあります。

大人でも十代の若者でも、今学ぶべきものは何かが具体的であれば、それに応じた学びのシステムがあるところを選べばよいでしょう。スキルアップや別の職種の専門的知識、主要教科のレベルアップによる神学の確実性、心のケアをしながらの通信教育など、本当に教育のシステムというのはずいぶんと多様化しています。