教育ということでは、歴史的にも様々な記録が残っているということで、例えば中国の古代の例では、国家的な教育機関がなかったので、資産のある人達は家庭教師を雇って、子どもたちを

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

教育と日本の歴史での価値観

教育ということでは、歴史的にも様々な記録が残っているということで、例えば中国の古代の例では、国家的な教育機関がなかったので、資産のある人達は家庭教師を雇って、子どもたちを教育しました。しかし親が教育した時もありましたが、いくら教養のある親でも、自分の子供を教育するのは難しかったそうで、友人同士で子供を交換して教育したそうです。子供から見ても、親に甘えてしまい真剣に学ばないということがあり、親としても厳しくしすぎたり、親の贔屓目があったりで、正常な判断ができないということもあり、そのように親友同士や知人同士で、子供を交換して教えたのでしょう。

多分それが進化して、有名な知識の豊富な人のところに依頼して今の学校教育のひな形ができたのでしょうし、そこから私塾のような状態になっていったということで、今の民間の教育機関が、一番本来の教育の形に似ているのかもしれないということになります。日本では江戸時代の寺子屋が有名で、これが今の日本の世界的な国家の基礎になったということですから、私塾の価値も恐るべしということになりますが、教育がいかに大切かということがよくわかります。その基本的な教育ができていない国は、モラルハザードがおきて、目を覆うばかりの国家になっているのは、ニュースなどを見てもよくわかります。