教育という言葉は、漠然としていて、様々なイメージを持たれますが、必要だということで非常に価値視している人もいれば、読み書きができるぐらいで十分という人もいます。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

すべての基本の教育と考え方

教育という言葉は、漠然としていて、様々なイメージを持たれますが、必要だということで非常に価値視している人もいれば、読み書きができるぐらいで十分という人もいます。しかし現実社会に出てみると、教育の価値が非常によく分かるということで、身にしみるということもあります。日本の教育でいちばん効果があるということでは、教育自体の内容ではなく、多くのことを学んだということで、考え方や思考方法のバリエーションが増えたということではないかと考えられますが、一般的に言って高学歴なほど、思考が柔軟で、例えば日常生活でも、重要なものとそうでないものを分けることができたり、インターネットなどの先端技術なども、早めに利用できるようになったりしています。

教育度の違いということでは、視野の狭さや広さの差になっているのではないかということが考えられます。例えば中学や高校で教育が終わった人と、大学まで行った人、あるいは大学でも一流とそうでないところの人では、情報量の質が違うのではないかと考えられます。その人の資質ではなくて、価値がある情報量と質の差になって出てくるのではないかと考えられます。人脈でもそうですし、会話などの内容も周りから影響されるのが人間です。その点から見ても、朱に交われば赤くなるということでの教育の環境が人生を決めているとも言えます。