最近はそれほどでもなくなりましたが、一時子供の権利は大人と同じだということで、放任主義で子供に自由にさせることが良いという風潮がありました。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

教育での放任主義と結果

最近はそれほどでもなくなりましたが、一時子供の権利は大人と同じだということで、放任主義で子供に自由にさせることが良いという風潮がありました。一見すると非常に優れた教育の方法のようにも見えました。しかしだんだんそれも下火になり、今では以前のままの学歴が重要で、そのために子供が遊びたくても勉強をさせるという状態に戻ってきたように感じます。例えば自然でも、人間の手入れがされない自然は、歪な状態になってしまいます。人間が自然の美しさに感動する場合に、けっこう整備している人間がいるところでの自然の美しさに感動をしています。観光地でもそうですが、そうでないと、山や川や海なども人間が立ち入れないようになり、人間から見たら荒廃している状態になります。

子どもの教育も同じで、自由気ままに任せていれば、誰でもネットゲームで好きな様に課金し、学校にも行かずに、教育すべき期間を無駄に過ごして、楽しいだけで終わってしまうということになります。今もそのような問題で苦労している親もいるようですが、楽しむという刺激をセーブすることができないのが子供で、また将来役に立つ能力を得ることが、今重要だということも本人たちは理解できていません。その社会システムが良いか悪いかは別にして、そのようになっているので、それに合わせることが重要になってくるということになります。