一家庭当たりの子供の数は昔よりも少なくなっているので、子供にかける両親の希望は大きいです。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

子供に施す教育は学力だけでは不十分です。

一家庭当たりの子供の数は昔よりも少なくなっているので、子供にかける両親の希望は大きいです。教育に力を入れ、掛け持ちで習い事や塾に通わせます。しかし、現代の親子を見ていると学力面に意識が傾きすぎていると感じられることも多いです。街中で子供が他人に迷惑をかけるような行動をしたとしても叱ろうとしない親を見たことのある人もいるでしょう。学校関係では、お金があるにも関わらず給食費を払おうとしない親もいます。何でも学校や教師にクレームをつける親もいます。勉強ができることだけが人生を成功に導くわけではありません。長く生きている親は悟っていることでしょう。

親の態度を子供は知らず知らずのうちに学んでいます。普段接する大人の数が限られている子供にとって、一番接する時間が長い親の態度は模範となります。しかし、親が子供が社会で生きていくために必要な常識についての教育をしなかったら、後に苦労するのは子供です。普通だと信じていた家族で外出した時の親の行動は、世間では非常識だったということを子供が知れば辛いはずです。親は子供に学力面での教育を施すだけではなく、大人としての模範行動を示して常識についての教育もするべきです。