最近は子どもたちの様々な問題があり、学校に行けない子供たちも増えているということで、万単位の数になっているというニュースもあります。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

教育と様々な教育課程

最近は子どもたちの様々な問題があり、学校に行けない子供たちも増えているということで、万単位の数になっているというニュースもあります。それで政府でも様々な方法を考えていて、例えば通信教育などや夜間教育などを利用して、大学まで進むことができるようになっています。経済的な問題もあるでしょうが、民間の教育機関を利用しているということも多いようで、これからはインターネットでも教育が受けられますから、ますますそうなるということかもしれません。実際に個性があるので、集団で勉強をしたほうが良い人達と、個人で通信教育などで勉強をしたほうが良い人達がいることも確かです。その場合に感情面での負い目などがないような仕組みにするということも重要です。

今までの義務教育が王道だということではなく、どちらでも選べるという自由さが必要な人達もいるということに、そろそろ目を向けるべきではないかということになります。メリットやデメリットは色々ありますが、それはメリットを伸ばして、デメリットを出来るだけ修正していくということで、解決できるようにも考えられます。また民間の教育機関でも小規模な場合には、もう少し援助や補助を国がすべきで、2、3人を教育しているボランティアもあるということですから、そのようなことも含めて、教育の改革はすべき時期に来ているのかもしれません。