将来の日本を背負っていくのは、今の子供たちです。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

子供の可能性を伸ばす教育

将来の日本を背負っていくのは、今の子供たちです。そのため、小さな頃からの教育の内容や環境が、とても大切だと言われています。昔は、詰め込み方式のような教育が多かったようです。例えば、授業も先生が一方的に進めていき、子供たちはただ聞いていると言ったような流れになっていました。しかし、それでは考える力や伝える力が弱くなってしまいます。そのため、海外へ行っても日本人は、表現することができなかったりすることも多かったようです。そして、ゆとり教育が始まり、詰め込み式の教育から少し余裕のある教育に変わってきました。

しかし、そのゆとり教育を受けてきた子供たちが大人になり、社会人として働くようになったら我慢ができない、忍耐力がないなどと言う問題も聞かれるようになりました。確かに、バブルが崩壊してから日本の景気が悪くなり将来に希望を持てない若者が増えたことも原因のひとつですが、やはり子供の頃からの教育も影響があると考えられます。そして、この数年もっと子供の可能性を伸ばすために新しい教育方法が打ち出されています。まず、授業をIT化してタブレットで授業をする学校もあります。また、先生が口を出さずに子供たちだけで問題を解決させると言う教育も増えています。子供ひとりひとりの可能性を伸ばすことで、日本の将来が明るくなると期待されています。