中学生の学習に悩むご家族が増えています。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

中学生・塾と学校教育の両立が望ましい。

中学生の学習に悩むご家族が増えています。将来のことを見据えた高校選びが必要になるからです。大学進学を踏まえた高校選びをすることで将来の色々が決まることを早い段階から気づく必要があると考えられています。また、高校入試に関する制度も様変わりしているため、情報収集のために学校での教育以外の場での勉強に力を入れるよう促す保護者も多く見られるようになりました。塾と併用しながら学習をすることが、高校入試に勝つポイントといえます。

塾のスタイルは色々ありますが、「塾では先取り学習を行い、学校で勉強する内容は、復習としてとらえる」といったカリキュラムが一般的なものだとされています。予習と復習のワンセットで勉強ができるため、学習の定着率が高まるという考え方に基づいています。勉強の仕方がわからない、ノートの作り方がわからないという場合でも、塾の講師が丁寧に指導を行うので学校の授業でも「授業を聞く力」「話を咀嚼してまとめる力」が強くなります。思春期のさなかにある中学生ですが、まだまだ柔軟な考え方ができる年齢にあるため、子ども一人ひとりに合わせた「考え方を促す授業」ができる塾に入塾できれば、偏差値アップ、平均点アップも即かなうことでしょう。