夫が海外転勤になって悩むことはまず、子供の教育でしょう。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

海外転勤になった場合の子供の教育

夫が海外転勤になって悩むことはまず、子供の教育でしょう。転勤先が英語圏であれば、子供が英語を学べるので家族みんなで海外へ移り住むことを選ぶかもしれません。しかし、英語圏ではない場合、夫だけが単身赴任をするという家族が多いかもしれません。もしくは、インターナショナルスクールを探して、英語で授業をしてくれる学校があれば、家族みんなで引っ越すということもあるでしょう。

子供の年齢も考慮し、子供にとってどこでどんな教育を受けさせるかを考えることは親の大切な役目です。しかし、「家族」というものを教えることも親の果たすべき務めです。何年も父親と離れて暮らすことは子供にとって決して望ましい環境ではありません。子供は言語を習得するのは早く、子供の将来を考えても第二外国語、もしくは第三外国語が身についていることはとても役に立ちます。子供との時間はかけがえのないものといえます。子供にとって母親と父親の存在が成長に大きな影響を与えます。子供の教育を考えるのなら、まずは家族との時間を優先するよう考えてみてはいかがでしょうか。海外の生活は大変なので苦労もあるかもしれませんが、家族との時間は取り戻すことができません。