近年日本でも無戸籍の子供についての話題が取り上げられることがあります。

どのようなシステムで学べる教育が良いか
どのようなシステムで学べる教育が良いか

無戸籍の子供にも教育が必要です。

近年日本でも無戸籍の子供についての話題が取り上げられることがあります。無戸籍の子供の中には義務教育である小中学校の教育さえ受けられていない場合もあります。無戸籍になってしまった原因は現代特有の事情もあるかもしれません。両親間のトラブル、複雑な家庭環境や想定していなかった妊娠、育児放棄など様々です。どのような理由があろうと、子供に罪はありません。生まれたからには、自分の望むような人生を歩めるように親としては最低限の教育を施してあげなければなりません。教育を施さないということは、一人の人間の人生を台無しにしているのと同じことです。

教育を受けていない子供の知能はやはり発達していません。同年代のきちんと教育を受けている子供と比べてもその差は歴然でしょう。しかし、時期が遅くとも教育を受けさえすれば高校や大学にも進学できますし、望む職業に就ける可能性も大きくなります。何よりも他の人と同じように普通の生活ができます。人にはそれぞれの事情があるかもしれません。しかし、親の都合で子供を振り回すのではなく、子供の長い人生を考えた上で親は子供を幸せにするために勇気を振り絞ってでも行動しなければならないことがあると自覚しなければなりません。